2008年07月28日

営業終了のお知らせ

早く書かないと。。。と思っていたんですが
カフェ・ド・シュシュは7月いっぱいを以って営業を終了致します。
もう既に御存知の方も多いと思いますが
7月2日、お父さんこと私の旦那様であるシェフが突然倒れ
ICUにて治療を続けていましたが
意識が戻ることなく私の誕生日の前日7月10日永眠致しました。
私1人で営業を続ける事も考えましたが
シュシュはお父さんと私の2人の店であり
どちらが欠けてもシュシュではなくなってしまうので
閉店する事に決めました。
知らない方も多いので、このお知らせで知った方は
とても驚かれると思うのですが
私自身が一番、現実として受け入れる事がまだ出来ません。
お父さんが倒れてから亡くなって葬儀、
そしてお店の撤去作業をしながらすごく痛感するのは
うちのお店、そしてお父さんがみんなから
すごく愛されてたんだなあ・・・という事。
そういうお店をお父さんと二人で持てたという事は
すごく幸せな事だったのかもしれませんね。

カフェ・ド・シュシュというお店はもう無くなってしまいますが
こんなお店が黒崎にあったという事を
ほんの少しでも覚えていてくれたら嬉しいです。



お父さんがいなくなってから
ぼんやりした日がしばらく続いたのですが
その間ずっとこの曲がラストにかかる映画を繰り返し見ていました。
私はこのラストシーンがとても好きです。
大切な人がこの世からいなくなっても、どこかで待っていてくれるなら
きっとまた会う事ができる。と信じる事ができるから。
今はまだ家族や友人や仲間のために生きていこうと決めたから
また会うのはしばらく先になるけれど
それが私の運命なら、流れに逆らわずそれでも
自分らしく生きていこうと思っています。

今までありがとうございました。

カフェ・ド・シュシュ
maki


posted by maki at 02:06| 福岡 ☀| Comment(3) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

中央線



君の家のほうに 流れ星が落ちた
僕はハミガキやめて 電車に飛び乗る
今頃君は 流れ星くだいて
湯舟に浮かべて 僕を待ってる

走り出せ 中央線
夜を越え 僕を乗せて

逃げ出した猫を 探しに出たまま
もう二度と君は 帰ってこなかった
今頃君は どこか居心地のいい
町をみつけて 猫と暮らしてるんだね

走り出せ 中央線
夜を越え 僕を乗せて

僕を乗せて
posted by maki at 04:15| 福岡 ☁| Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。